印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
新規4工場が加わりGP認定工場は400超える 日本印刷産業連合会は、9月19日に開催した第55回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規4工場、更新37工場を認定した。GP認定工場は全402工場となった。今回の新規認定工場は次のとおり。電通オンデマンドグラフィック 本社(東京都港区)、大日本印刷 幸田工場(愛知県額田郡)、大輪印刷(東京都世田谷区)、共立グラビア(埼玉県川口市)。(9/20 16:27)

8月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比3.8%減 日本製紙連合会によると、8月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比3.8%減、前月の増加から減少。塗工紙6.0%減、非塗工紙3.0%減、情報用紙2.0%増。塗工紙は輸入量が前年同月比350.7%増(※7月の統計)となっている。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比4.6%減。うち、紙は3.2%減、板紙は6.0%減。いずれも前月の増加から減少。(9/20 15:10)

モリサワ、世田谷区とUDフォント活用の包括協定を締結 モリサワ(森澤彰彦社長)は、東京都世田谷区とユニバーサルデザイン(UD)フォント活用の協定を締結した。都内の自治体では初めての事例で、締結日は8月1日。世田谷区では、2016年4月に「情報のユニバーサルデザインガイドライン」を策定。区の発信する情報がUDとなるよう具体的な指針を定め、誰にとっても見やすく読みやすい情報の発信に取り組んできた。今回、モリサワと協定を結ぶことで、UDフォントを公務作業における情報で活用するとともに、庁内外の「情報のユニバーサルデザイン化」に向けた活動を、協力体制で実施する。(9/11 11:52)

モリサワ、ウェアラブル端末の動きながら読むフォント研究に協力 モリサワ(森澤彰彦社長)が協力する神戸大学大学院工学研究科の研究が、ロンドンで開かれるウェアラブルコンピューティング分野の国際会議「ISWC 2019」(9月11日〜13日)で登壇発表される。研究は、神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻の寺田努教授のチームによるもので、テーマは「頭部装着ディスプレイでの画面の揺れを考慮したフォントの可読性・可視性」。ウェアラブル端末を使用した場合、歩行や階段の上り下りなど揺れの影響で、画面に表示される文字情報が読みづらくなることが想定される。研究では、どのようなフォントが「動きながら読む」ことに適しているかを調査し、結果をまとめている。今回モリサワは、比較対象となるフォントの選定や提供で協力した。(9/9 9:25)

ラクスル、東証一部に上場 ラクスル株式会社(松本恭攝代表取締役社長CEO、本社・東京都品川区)は8月28日、東京証券取引所市場第一部に上場した。東証マザーズ市場からの変更。資本金は19億4583万円(2019年3月末時点)。(8/29 13:45)

技能五輪国際大会、「印刷職種」で日本は敢闘賞 ロシア・カザンで開催された第45回技能五輪国際大会(8月22〜26日)で、「印刷職種」の日本代表として参加した湯地龍也選手(トッパンコミュニケーションプロダクツ)は6位、敢闘賞となった。印刷職種には15の国と地域が参加。金メダルはオーストリアとロシアが分け合い、銅メダルはスイスの選手だった。(8/28 16:55)

7月の印刷・情報用紙出荷量、前年同月比1.1%増 日本製紙連合会によると、7月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.1%増、7ヵ月ぶりの増加。ただ、塗工紙は0.4%減、非塗工紙が1.2%増、情報用紙5.0%増だった。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比1.2%増。うち、紙は0.9%増、26ヵ月ぶりの増加。板紙は1.5%増、3ヵ月ぶりの増加。(8/21 15:17)

東京ビジネスデザインアワード、テーマ9件を発表 東京都が主催する2019年度「東京ビジネスデザインアワード」のテーマ9件が発表された。都内の中小企業から募集していたもので、印刷関連技術を利用したものとして、研恒社(千代田区)の「あらゆる仕様をユーザーが自由に選べる『ノート設計システム』」が選ばれた。テーマ9件に対し、デザイナーから10月27日までデザイン提案を募集する。(8/20 14:23)

平成30年度補正予算「ものづくり補助金」の二次公募開始 平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の二次公募が8月19日から開始された。中小企業・小規模事業者等が取り組む生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援する。公募期間は9月20日まで。電子申請のみでの受付け。問合わせは全国中小企業団体中央会および各地域事務局へ。 (8/20 12:10)

環境優良工場表彰、研文社尼崎工場が経済産業省商務情報政策局長賞 日本印刷産業連合会は、第18回印刷産業環境優良工場表彰の受賞工場を発表した。経済産業大臣賞は該当がなく、経済産業省商務情報政策局長賞は株式会社研文社尼崎工場が受賞した。同工場は昨年の日印産連会長賞に続いての受賞。そのほか、日印産連会長賞を光写真印刷、足利印刷、オザワ、篠原紙工、日印産連特別賞をオオゼキ写真印刷、日印産連奨励賞を7工場が受賞した。(8/9 12:31)


広告掲載に関するお問い合わせ
資料請求、広告掲載に関してはこちら

定期購読・書籍ご購入のお申込み
定期購読・書籍ご購入お申込みはこちら

今週のコラム「点睛」

TOPIC 印刷新報より

 9月12日
経済産業省令和2年度概算要求
事業承継対策に倍額 AIなど最新技術導入も支援

 9月5日
第45回技能五輪国際大会
日本の湯地選手は6位(敢闘賞)
「印刷職種」上位は僅差の大激戦

 8月29日
Print Next 2020
「0次産業革命」で人間力再考
来年2月15日、秋田で開催

 8月22日
紙不足解消の目処立たず
製紙連、J-NOAの要望書に回答

展示会情報




第43回全日本光沢化工紙協同組合連合会全国大会
 9月27日
 長島温泉・ホテル花水木

第15回印刷産業夢メッセ
 10月11日〜12日
 広島ガーデンパレス

全日シール第61回年次大会・びわ湖大会
 10月25日
 琵琶湖ホテル

その他日程を表示折りたたみ/復元


JAPAN PACK 2019
 10月29日〜11月1日
 幕張メッセ

Think Smart Factory2019
 11月11日〜13日
 みやこめっせ

エコプロ2019
 12月5日〜7日
 東京ビッグサイト




印刷業界関連のビジネス交流専門サイト「コラボの杜」

印刷業界関連サプライヤー早見ばん

定期刊行物

見本紙送付をご希望の場合はこちらへ

印刷新報ボタン

印刷業界紙・印刷新報

(毎週木曜日発行)
印刷関連業界の業界紙として
経営・市場・技術・新製品情報をすばやく報道・解説

詳細

印刷情報
印刷情報

グラフィックメディアを展望する専門情報誌〈A4判〉

詳細

製本紙工新聞ボタン

日本製本紙工新聞

〈毎月5日・20日発行〉
製本・後加工業界唯一の業界紙。

詳細

単行本

印刷料金 2018

2019年版発売!
積算資料 印刷料金 2019年版
〈編集・発行 経済調査会〉
〈B5判・384頁・3429円+税〉
印刷発注実務と費用積算の決定版! 各種印刷の見積り・積算のために、工程に沿った料金と算出法を掲載

詳細


油性からUVへ

好評発売中
油性からUVへ
照井義行著

〈A6・横長・272頁・1,800円+税〉
印刷業界で50年の経験を積んだ著者がUV印刷に挑んだ現場経験をベースに書き下ろした一冊。

詳細


プリントソリューション2019

好評発売中
プリントソリューション2019
印刷機材総覧

〈B5判・184頁・1.852円+税〉
印刷機材総覧がリニューアル。
経営判断に資する印刷産業の最新動向、各種統計情報をはじめ、新たなシステム構築に役立つ印刷関連資機材情報が満載。

詳細


フレキソ印刷ハンドブック

好評発売中
フレキソ印刷ハンドブック
FTAJ創立25周年記念出版

〈B5判・本文200頁・6,667円+税〉
日本のフレキソ印刷発展のために必要とされ、かつ、要望の強い印刷技術マニュアル。実際の印刷に役立つマニュアル機能を十分に盛り込んだハンドブック。

詳細


オフセット印刷ブック

好評発売中
オフセット印刷ブック
印刷の知識と 技術の継承

照井義行著
〈A5判・232頁・3,047円+税〉
”団塊の世代”の大量退職に伴う印刷の知識と技術の継承問題に対する回答の書。

詳細電子版






印刷用語集
seihonlogo
富士フイルムグラフィックシステムズ

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

<支社>
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館
電話 06(6353)4866
FAX 06(6353)4944

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたります。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.