印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所





コラム「点睛」 印刷新報・2024年6月13日付

 独自の高い技術を売り物にする著名な中小印刷会社が、いとも簡単に破綻する例をこれまで何度も見てきた。いずれも社長は技術力に絶対の自信を持ち、黙っていても仕事はついてくると疑わなかった。原価管理の問題があったにしても、単一の技術に頼り切った結果であることは明らかだ▼次元は異なるが、6月3日のお別れの会に参列し、大日本印刷の北島義俊元会長が掲げ続けた「拡印刷」の理念が思い起こされた。そして、今日なお、印刷を「核」に事業領域を「拡」大することは、業界の重要な戦略であり課題となっている▼どんなに優れた技術・商品・サービスも、環境変化の中で輝きを失う。小さな成功で満足してはいけない。確かに見ることのできる未来は、自社の強みを活かせる分野を探り続ける不断の努力の中にこそある▼業態変革とは、その結果として現れる様態を指すものであり、一足飛びに変われる会社などない。30、50、100の新しい試みを実践すれば、必ず拡印刷につながる芽は出てくる。変化が加速する現在、速射砲のように試みを繰り出さなければいけない大変さは事実だが。(銀河)





印刷用語集
富士フイルムグラフィックソリューションズ
印刷、製本、人材派遣
水なし、環境、印刷

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.