印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所





コラム「点睛」 印刷新報・2024年4月4日付

 普段は利用しない私鉄の駅で、妙に階段を昇る人が多いと感じた。近づいてみて納得。一段ごとに「0.1キロカロリー」の消費を加算した表示がある。「健康のために階段を利用しましょう」と貼り紙をするより即効性がある。男子用の小便器に「的」を描く効果もよく知られる▼小さな目標でも、目の前に示されると人は達成したくなるものらしい。新入社員を迎えた職場では、努力すれば手の届く具体的な目標を設定し、ステップアップを図る方法が有効だ。反対に、「売上○億円達成」、「好感度ナンバーワン企業」といった抽象的な目標やスローガンは達成する意味が伝わりにくく、かえって反発を招く▼同志社大学の太田肇教授は、著書『何もしないほうが得な日本』で、社会を変革する早道として、「するほうが得になる仕組みを作る」を挙げる。日本には挑戦すると損になると考える人が多いという指摘は痛い▼SDGsにしても、本気でゴールを目指すなら、日々の小さな成果の積み重ねが大事。世界全体の枠組で考えるだけでなく、それが自分のためにもなると実感できる仕組みが必要だ。(銀河)





印刷用語集
富士フイルムグラフィックソリューションズ
印刷、製本、人材派遣
水なし、環境、印刷

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.