印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大紙誌、業界紙『印刷新報』(週刊新聞)、専門誌『印刷情報』(月刊雑誌)、製本業界唯一の業界紙『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説。
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
日本タウン誌・フリーペーパー大賞2019、服部プロセスの『神戸っ子』が特別賞 全国各地の優れたタウン誌やフリーペーパーを決める「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2019」(主催=一般社団法人日本地域情報振興協会、NiCoA)で、服部プロセス(服部晴明社長、本社・神戸市)の『KOBECCO 月刊神戸っ子』が特別賞とタウン誌部門優秀賞に選ばれた。今年で創刊59年目という長い歴史と丁寧な誌面づくりが高く評価された。(12/2 9:43)

モリサワ、プラチナスポンサーとして「Adobe MAX Japan 2019」に協賛 モリサワ(森澤彰彦社長)は、12月3日に開かれるクリエイターのための日本最大級の祭典「Adobe MAX Japan 2019」にプラチナスポンサーとして協賛する。企業ブースでは、今年6月のApple開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference(WWDC)」で発表した、Morisawa Font for iPad OS(仮称)を参考出品する。2019年度新書体や「フォント男子!」、コーディングなしで簡単にWebサイトを作成でき、モリサワのTypeSquareが使えるSTUDIOのデザインツールなども展示する。また「シズルと文字 〜言葉で紡ぐおいしさの世界〜」と題したランチセッションを開催。おいしさの感覚を作り出すシズルワードをテーマに、デザイナーの感覚を刺激する言葉のトレンドについて話す。(11/27 14:46)

10月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比9.5%減 日本製紙連合会によると、10月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比9.5%減、3ヵ月連続の減少。塗工紙10.2%減、非塗工紙4.8%減、情報用紙13.9%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比7.5%減。うち、紙は8.4%減、板紙は6.5%減。(11/20 14:11)

モリサワのUDデジタル教科書体、三省堂の小学生向け辞書に初採用 モリサワ(森澤彰彦社長)の「UDデジタル教科書体」が、三省堂の発売する小学生向け辞書の最新改訂版『三省堂 例解小学国語辞典 第七版』『三省堂 例解小学漢字辞典 第六版』に採用された。UDデジタル教科書体が辞書に採用されるのは初めて。発売は11月20日。「UDデジタル教科書体」は、筆書きの楷書ではなく硬筆やサインペンを意識し、手の動きを重視した教科書体で、ロービジョン(弱視)やディスレクシア(読み書き障害)に配慮した書体。今回の改訂にあたり、見出しのほか、熟語解説など主要部分に同書体を採用した。(11/20 11:31)

ミマキエンジニアリング、インクジェットエンジニアリングサイト開設 ミマキエンジニアリングは、プリンタ機構と搬送機構の組み合わせにより、顧客の工場とつながる生産システム&IoT化対応を提案する特設サイト「インクジェットエンジニアリングサイト」をオープンした(https://ij-eng.com/)。用途や素材から、最適なカスタマイズを紹介。さらに、問い合わせフォームに要望を入力すると、フルオーダーの具体的なシステムの提案が受けられる。(11/19 15:23)

日本WPA、地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞 一般社団法人日本WPA(田畠久義会長、日本水なし印刷協会)は、令和元年度の「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞した。地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人・団体を称えるもの。表彰式は12月2日に東京・千代田区のイイノホール&カンファレンスセンターで行われる。(11/13 10:53)

モリサワ、日本車いすバスケットボール連盟と公式サポーター契約 モリサワ(森澤彰彦社長)は、一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟(JWBF)とオフィシャルサポーター契約を結んだ。車いすバスケットボールは障がい者スポーツの人気競技の一つ。JWBFは国内での車いすバスケットボールの技術向上と普及、国際大会での上位入賞を目指して活動している。モリサワは、2015年から公益財団法人日本障がい者スポーツ協会(JPSA)のスポンサー企業としても、障がい者スポーツの普及・支援やサービス向上に努めている。(11/12 11:46)

グーフ、ディノス・セシールとアスコンから6000万円の資金調達 グーフ(岡本幸憲社長)は、ディノス・セシールとアスコンを引受先とする第三者割当増資による6000万円の資金調達を完了した。グーフは、マーケティングオートメーションやEC、顧客データベースなどのさまざまなデジタルリソースとデータ連携し、最短24時間での印刷・発送を実現するAPIプリントプラットフォーム「Print of Things」を展開する。今後、ディノス・セシールとは印刷メディアの最適化を目標に共同プロジェクトを立ち上げ、DMのみならずカタログや同梱広告などのパーソナライズ、適地生産モデルでの効果検証を加速させていく。(11/11 10:42)

共進ペイパー&パッケージで「プライムファイア106」日本1号機の起動式 パッケージの印刷通販「ハコプレ」事業で成長する共進ペイパー&パッケージ(本社・神戸市)と、ハイデルベルグ・ジャパンは11月7日、日本1号機となるB1インクジェットデジタル印刷機「プライムファイア106」の起動式を、共進ペイパー&パッケージ関東工場(千葉市花見川区)で行った。世界では7号機目となる。同機の導入により、パッケージ、POP、紙袋等の印刷通販市場で圧倒的な競争力の獲得を図る。(11/8 10:30)

【訃報】谷口一郎氏(東京グラフィックサービス工業会名誉顧問) 秀研社印刷株式会社(現・株式会社デジタルインプレッソ)の創業者で、東京グラフィックサービス工業会名誉顧問の谷口一郎氏は11月5日に死去した。享年93歳。谷口氏は、東京軽印刷工業会(東京グラフィックサービス工業会の前身)、および日本軽印刷工業会(日本グラフィックサービス工業会の前身)で会長を務めた。通夜は11月9日午後6時から、告別式は11月10日午前10時から戸田葬祭場(東京都板橋区舟渡)で執り行われる。喪主は長女の谷口理恵氏(株式会社デジタルインプレッソ代表取締役)。(11/6 15:11)




UV印刷の実践的ガイド これ一冊ですべてが分かる!

油性からUVへ
UV印刷からオゾンレスUV印刷へ

 油性印刷からUV印刷へー。印刷業界で50年の経験を積んだ著者がUV印刷に挑んだ現場経験をベースに書き下ろした一冊。写真、図版を多用し視覚に訴えるページ構成で、現場で使いやすいハンディタイプ。
 高感度UV印刷の基礎から、現場でのオペレーションまで机上の空論を排し「実践」の二文字を追求した内容だ。これからUV印刷への転換を図る企業には迂回せずに最短距離で目的地へ導く水先案内人として役立つ。またすでに取り組んでいる企業には日々の作業を支援するサポーターとなる。
「油性印刷での経験は当然生きてくるが、UV印刷はインキ素材、ローラー、湿し水など従来の経験だけでは通用しない面もある。印刷対象は紙だけではない難しさもあり、対象印刷の素材の幅が広いことと、ニスコーター、疑似エンボスなど未知の世界ではあるが楽しみでもある」(著者前書きより)
 UV印刷に取り組む全ての印刷人にとって、必須のガイドブック。




体裁
A6・横長 本文272頁 本文写真・図版ともフルカラー

主な内容
・高感度UV印刷の仕組み
・インキと印刷適性―油性とUVの違い
・インキの乾燥方式
・UV印刷の環境
・UV印刷のメリット、デメリット
・UV印刷のトラブル
・UV印刷でのブロッキング 等

定価 本体1800円+税


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.