印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
全印工連CSR認定、新規スリースターに日進堂印刷所 全日本印刷工業組合連合会は、6月27日に開催した第21回全印工連CSR認定委員会において、スリースターで新規1社、ワンスターで新規2社ほかを認定した。スリースター認定は日進堂印刷所(福島市、佐久間信幸社長)、ワンスター認定はオスカーヤマト印刷(京都市)と研文社(東京都新宿区)。(7/18 13:02)

全印工連、被災企業支援へ「災害対策窓口」を設置 全日本印刷工業組合連合会は、11日に開催した印刷産業連携推進室の中で、緊急要請として、西日本豪雨と大阪府北部地震の被災組合員企業に対する緊急かつ優先的なサポートを依頼し、会議に参加した20社を超えるメーカー・ベンダー企業の全社から賛同を得た。同日、「全印工連災害対策窓口」を設置し、メーカー・ベンダーとの緊密な連携体制を整え、支援に向けた情報収集と対応策の検討を進めていく方針。(7/12 15:26)

平成29年度補正ものづくり補助金、9518件決まる 平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(1次公募)の補助事業者が決まった。平成30年2月28日から4月27日まで公募していたもので、応募のあった1万7275者について審査を行った結果、9518件が採択された。(7/4 8:56)

JAGAT、夏フェス2018を8月22日・23日に開催 日本印刷技術協会(JAGAT)は、昨年に続いて「JAGAT Summer Fes 2018(夏フェス2018)」を東京都杉並区の本社で8月22日・23日に開催する。今回は、JAGATの2018年度のテーマでもある「デジタル×紙×マーケティング」をテーマに、多数のカンファレンス・講演が行われる。IGAS2018の終了後に開催されることから、IGASで注目されたテーマもより深く掘り下げる。(7/3 17:03)

モリサワ、「タイプデザインコンペティション2019」開催へ モリサワは、世界中からオリジナルタイプフェイスを募集する「タイプデザインコンペティション2019」を開催する。書体デザインのアワードとして、前身となる「モリサワ賞国際タイプフェイスコンテスト」(1984年)以来、30年以上にわたって書体デザイナーの発掘とデザインを発信する機会の創造に取り組んでいる。今回の「明石賞」は「バリアブルフォント」がテーマ。応募期間は11月1日から来年1月31日まで。公式サイトは http://competition.morisawa.co.jp/(7/3 16:32)

日印産連GP認定に新規2工場 日本印刷産業連合会は、21日に開催した第50回GP(グリーンプリンティング)認定委員会において、新規2工場、更新22工場を認定した。今回の新規は次のとおり。大東マーク工業 本社工場(東京都墨田区)、三共シール(名古屋市守山区)。(6/22 11:16)

5月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比4.1%減 日本製紙連合会によると、5月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比4.1%減、12ヵ月連続の減少となった。塗工紙7.6%減、非塗工紙0.8%減、情報用紙2.6%増。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比0.1%増。うち、紙は3.3%減、12ヵ月連続の減少。板紙は4.1%増、19ヵ月連続の増加。 (6/21 8:38)

モリサワ、2018年度 新書体を発表 モリサワは、2018年秋にリリースする新書体を発表した。個性あふれる和文書体、日本語との親和性を重視した欧文書体や多言語書体が加わる。モリサワタイプデザインコンペティション2016より選出された「しまなみ」「Vonk」、中国の古書と日本の書物から活字を復刻した「かもめ龍爪」「さくらぎ蛍雪」、活版印刷のインクのにじみを再現した「秀英にじみ丸ゴシック」、重心が高く長体のデザイン書体「エコー」「オーブ」、欧米と南アジア圏の言語をカバーするサンセリフファミリー「Clarimo UD」シリーズ、和文のデザインをベースとした「UD新ゴ 繁体字 標準字体」「UD黎ミン ハングル」など全64書体。(6/20 18:15)

野毛印刷社、障がい者・高齢者向け保険事業を6月1日から開始 野毛印刷社(森下治社長、横浜市中区)は、子会社の保険代理店:株式会社グリットにて、障がい者・高齢者向けの保険事業を6月1日から開始した。扱うのは、保険業界初の障がい者、認知症・高齢者の日常生活における法的トラブルを解決する弁護士費用を補償する「わたしのお守り総合補償制度」。引受保険会社は損害保険ジャパン日本興亜株式会社。成年後見制度の普及事業を展開する一般社団法人全国地域生活支援機構を通じて、グリットが専任保険代理店として販売を行っていく。(6/11 15:30)

造本装幀コンクール、入賞作品が決定 第52回造本装幀コンクール(主催・日本書籍出版協会、日本印刷産業連合会)の入賞作品が発表された。文部科学大臣賞は『池内晶子 | Akiko Ikeuchi』(出版社=gallery21yo-j、印刷=サンエムカラー、製本=篠原紙工)、経済産業大臣賞は『村上善男―玄々とした精神の深みに』(出版社=玄風舎、印刷=秋田活版印刷、製本=篠原紙工)、東京都知事賞は『はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす』(=武蔵野市立吉祥寺美術館、印刷・製本=大村印刷)。応募総数は148者335点。 (6/11 13:37)



新着順20件を表示    全件表示


全印工連CSR認定、新規スリースターに日進堂印刷所(7/18 13:02)

全日本印刷工業組合連合会は、6月27日に開催した第21回全印工連CSR認定委員会において、スリースターで新規1社、ワンスターで新規2社ほかを認定した。スリースター認定は日進堂印刷所(福島市、佐久間信幸社長)、ワンスター認定はオスカーヤマト印刷(京都市)と研文社(東京都新宿区)。




全印工連、被災企業支援へ「災害対策窓口」を設置(7/12 15:26)

全日本印刷工業組合連合会は、11日に開催した印刷産業連携推進室の中で、緊急要請として、西日本豪雨と大阪府北部地震の被災組合員企業に対する緊急かつ優先的なサポートを依頼し、会議に参加した20社を超えるメーカー・ベンダー企業の全社から賛同を得た。同日、「全印工連災害対策窓口」を設置し、メーカー・ベンダーとの緊密な連携体制を整え、支援に向けた情報収集と対応策の検討を進めていく方針。




平成29年度補正ものづくり補助金、9518件決まる(7/4 8:56)

平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」(1次公募)の補助事業者が決まった。平成30年2月28日から4月27日まで公募していたもので、応募のあった1万7275者について審査を行った結果、9518件が採択された。




JAGAT、夏フェス2018を8月22日・23日に開催(7/3 17:03)

日本印刷技術協会(JAGAT)は、昨年に続いて「JAGAT Summer Fes 2018(夏フェス2018)」を東京都杉並区の本社で8月22日・23日に開催する。今回は、JAGATの2018年度のテーマでもある「デジタル×紙×マーケティング」をテーマに、多数のカンファレンス・講演が行われる。IGAS2018の終了後に開催されることから、IGASで注目されたテーマもより深く掘り下げる。




モリサワ、「タイプデザインコンペティション2019」開催へ(7/3 16:32)

モリサワは、世界中からオリジナルタイプフェイスを募集する「タイプデザインコンペティション2019」を開催する。書体デザインのアワードとして、前身となる「モリサワ賞国際タイプフェイスコンテスト」(1984年)以来、30年以上にわたって書体デザイナーの発掘とデザインを発信する機会の創造に取り組んでいる。今回の「明石賞」は「バリアブルフォント」がテーマ。応募期間は11月1日から来年1月31日まで。公式サイトは http://competition.morisawa.co.jp/




日印産連GP認定に新規2工場(6/22 11:16)

日本印刷産業連合会は、21日に開催した第50回GP(グリーンプリンティング)認定委員会において、新規2工場、更新22工場を認定した。今回の新規は次のとおり。大東マーク工業 本社工場(東京都墨田区)、三共シール(名古屋市守山区)。




5月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比4.1%減(6/21 8:38)

日本製紙連合会によると、5月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比4.1%減、12ヵ月連続の減少となった。塗工紙7.6%減、非塗工紙0.8%減、情報用紙2.6%増。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比0.1%増。うち、紙は3.3%減、12ヵ月連続の減少。板紙は4.1%増、19ヵ月連続の増加。




モリサワ、2018年度 新書体を発表(6/20 18:15)

モリサワは、2018年秋にリリースする新書体を発表した。個性あふれる和文書体、日本語との親和性を重視した欧文書体や多言語書体が加わる。モリサワタイプデザインコンペティション2016より選出された「しまなみ」「Vonk」、中国の古書と日本の書物から活字を復刻した「かもめ龍爪」「さくらぎ蛍雪」、活版印刷のインクのにじみを再現した「秀英にじみ丸ゴシック」、重心が高く長体のデザイン書体「エコー」「オーブ」、欧米と南アジア圏の言語をカバーするサンセリフファミリー「Clarimo UD」シリーズ、和文のデザインをベースとした「UD新ゴ 繁体字 標準字体」「UD黎ミン ハングル」など全64書体。




野毛印刷社、障がい者・高齢者向け保険事業を6月1日から開始(6/11 15:30)

野毛印刷社(森下治社長、横浜市中区)は、子会社の保険代理店:株式会社グリットにて、障がい者・高齢者向けの保険事業を6月1日から開始した。扱うのは、保険業界初の障がい者、認知症・高齢者の日常生活における法的トラブルを解決する弁護士費用を補償する「わたしのお守り総合補償制度」。引受保険会社は損害保険ジャパン日本興亜株式会社。成年後見制度の普及事業を展開する一般社団法人全国地域生活支援機構を通じて、グリットが専任保険代理店として販売を行っていく。




造本装幀コンクール、入賞作品が決定(6/11 13:37)

第52回造本装幀コンクール(主催・日本書籍出版協会、日本印刷産業連合会)の入賞作品が発表された。文部科学大臣賞は『池内晶子 | Akiko Ikeuchi』(出版社=gallery21yo-j、印刷=サンエムカラー、製本=篠原紙工)、経済産業大臣賞は『村上善男―玄々とした精神の深みに』(出版社=玄風舎、印刷=秋田活版印刷、製本=篠原紙工)、東京都知事賞は『はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす』(=武蔵野市立吉祥寺美術館、印刷・製本=大村印刷)。応募総数は148者335点。




生産性向上特別措置法が施行(6/7 9:15)

生産性向上特別措置法が6日に施行された。2020年までを生産性革命・集中投資期間とし、中小企業が市町村の認定を受けた計画に基づいて先端設備等を新たに導入する際、その償却資産に係る固定資産税が最大3年間ゼロになる。さらに、ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(ものづくり・サービス補助金)などの各種補助金制度で優先採択の対象となる。




NTT印刷、「可変潜像印刷技術」で特許を取得(6/4 9:10)

NTT印刷(安田雅美社長、東京都港区)はこのほど、偽造防止に有効な「可変潜像印刷技術」で特許を取得したと発表した。登録日は平成30年4月27日。これまでの潜像印刷技術では、1枚1枚に異なる文字・デザインを印刷することが難しかったが、今回の特許技術では、インクの濃度調整等で潜像文字・デザインを印刷する既存の技術と組み合わせ、可変データ印刷を可能にした。




凸版印刷、「攻めのIT経営銘柄2018」に選定(5/30 18:32)

凸版印刷は、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「攻めのIT経営銘柄2018」に選ばれた。デジタル技術を活用した電子チラシ事業やデジタルマーケティング事業などの革新的な取組みが評価された。第4回となる今回は、東証上場企業の中から同社を含め32社が選定された。




石田大成社、名古屋新オフィスを7月2日に開業(5/24 12:40)

石田大成社(本社・京都市中京区)は、名古屋新オフィスビルを名古屋市中村区に完成し、7月2日から業務を開始する。鉄骨造5階建てで、土地等も含め約13億円の総工費をかけた。同社の主要取引先の営業・制作・翻訳担当社員など約150人が入居する。6月26日には取引先や関係者を招き、竣工式と披露パーティーを開く。




印刷工業会、新会長に金子眞吾氏(凸版印刷)(5/23 17:20)

印刷工業会は23日に開催した定期総会で、新会長に凸版印刷代表取締役社長の金子眞吾氏を選任した。通例では、印刷工業会会長が一般社団法人日本印刷産業連合会の会長を務めており、6月13日の総会で同連合会の会長にも選任される予定。




4月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比6.1%減(5/21 15:17)

日本製紙連合会によると、印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比6.1減、11ヵ月連続の減少となった。塗工紙8.0%減、非塗工紙7.6%減、情報用紙1.9%増。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比2.5%減。うち、紙は5.2%減、11ヵ月連続の減少。板紙は0.6%増、18ヵ月連続の増加。




モリサワ、6月15日に第23回モリサワ文字文化フォーラム(5/17 10:15)

モリサワは6月15日、大阪市浪速区の本社4階大ホールで第23回モリサワ文字文化フォーラム「文字とデザインVol.8」を開催する。同フォーラムではクリエイティブユニット「KIGI」の植原亮輔氏、渡邉良重氏を招き、「文字」と「デザイン」、「絵」と「デザイン」、「KIGIの活動」をテーマについて講演する。時間は14時(13時30分開場)〜17時。定員150名。 【申込み】https://morisawa.eventcreate.net/event/2375




大手印刷会社2018年3月期連結決算※5月11日発表(5/14 16:37)

【大日本印刷】売上高1兆4122億円(前期比0.1%増)、営業利益463億円(同47.6%増)、当期純利益275億円(同9.0%増)。 【凸版印刷】売上高1兆4527億円(前期比1.5%増)、営業利益522億円(同1.3%増)、当期純利益422億円(同29.9%増)。 【共同印刷】売上高950億7600万円(前期比0.6%増)、営業利益17億2600万円(同48.4%減)、当期純利益20億3700万円(同21.3%減)。




【代表人事】大日本印刷、新社長に北島義斉氏(5/14 8:39)

大日本印刷は、5月11日開催の取締役会において、代表取締役社長に北島義斉氏(現・代表取締役副社長)が就任する人事を決議した。6月28日開催の定時株主総会終了後の取締役会で正式決定の予定。北島義俊代表取締役社長は、代表取締役会長に就任する。北島義斉(きたじま・よしなり)氏は昭和39年生まれ、53歳。慶應義塾大学経済学部卒業後、富士銀行を経て、平成7年に大日本印刷に入社。17年6月に専務取締役、21年6月から代表取締役副社長を務めている。




廣済堂、東北中小企業の人材確保・定着を支援(5/10 10:02)

廣済堂(本社・東京都港区)は、東北経済産業局が実施する平成30年度「東北地域中小企業・小規模事業者人材確保・定着支援事業」における、宮城県の地域人材コーディネート機関に採択された。これまで培ってきた求人メディア等の地域密着型の人材事業ノウハウを活用し、情報発信、イベント開催、経営サポート等を行っていく。



富士フイルムグラフィックシステムズ
印刷の事なら激安通販のプリントネット
裁断・断裁機メーカー 勝田製作所
ともにプロジェクト
いしのまき被災企業元気復興委員会
製本加工の見本帳プロキット

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

<支社>
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館
電話 06(6353)4866 
FAX 06(6353)4944


代表取締役社長 沼尾佳憲

常務取締役 祝迫多水治

取締役 難波利行

取締役 金澤克明

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.