印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
【訃報】セイブンドー矢川邦夫会長 株式会社セイブンドー(川崎市)会長で、元神奈川県印刷工業組合理事長の矢川邦夫氏は、7月4日に病気のため死去した。葬儀は7月12日に近親者のみで執り行われた。「お別れの会」が8月21日11時〜14時に横浜市のヨコハマインターコンチネンタルホテルで開かれる。(7/19 12:36)

全印工連CSR認定、新規にワンスター2社、ツースター1社 全日本印刷工業組合連合会の「全印工連CSR認定」において、新規にワンスター2社、ツースター1社が認定された。ワンスター認定はマージネット(和歌山)と冨士印刷(東京)、ツースター認定はユーメディア(宮城)。(7/19 12:18)

宝印刷、12月に会社分割による持株会社体制へ  宝印刷株式会社(堆誠一郎社長、東証第一部)は7月9日、2019年12月1日で会社分割による持株会社体制へ移行し、商号を「株式会社TAKARA & COMPANY」に変更すると発表した。新設する「宝印刷株式会社」を承継会社とする新設分割を行う。持株会社への移行で、グループの一体化と戦略機能の強化や新規事業創出機能の強化などを図る。(7/10 12:46)

モリサワ、タイプデザインコンペティション2019結果発表 モリサワ(森澤彰彦社長)は、「タイプデザインコンペティション2019」の審査結果を発表した。各界を代表する多彩な審査員とともに、新たな表現力とチャレンジ精神にあふれたタイプフェイスデザインの追求を目指して開かれているもので、世界53の国や地域から、初回の2012年度以来最高となる813点(和文部門258点、欧文部門555点)の作品が寄せられた。和文部門、欧文部門とも、独創性や審美性を追究した作品に贈られる「モリサワ賞」として、金賞、銀賞、銅賞各1点ずつと佳作各3点の入賞作品が選出された。表彰式は9月3日に神田明神ホール(東京)で開く。入賞作品と審査員の講評をまとめた作品集は2019年秋の刊行予定。(7/1 17:25)

ものづくり補助金、採択率は50.0% 中小企業庁は6月28日、平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の補助事業者を採択した。2月18日から5月8日まで公募し、応募のあった1万4927者について審査、7468者を採択した(早期採択分332者を含む)。採択率は50.0%。(7/1 14:38)

凸版印刷、新社長に麿秀晴氏が就任 凸版印刷株式会社は、6月27日に開催した定時株主総会で、取締役16名を選任した。総会終了後の取締役会において役職の異動を決議し、代表取締役副社長執行役員の麿秀晴氏が代表取締役社長に就任した。前代表取締役社長の金子眞吾氏は代表取締役会長に就いた。(7/1 14:33)

モリサワ、2019年度 新書体を発表 モリサワは6月25日、2019年秋にリリースする新書体を発表した。本年度は、見出し利用で効果を発揮する和文書体に加え、令和合字やカーニング情報を追加し、欧文をリニューアルしたAP版書体や多言語の明朝体ファミリーを追加する。躍動感ある筆遣いの「剣閃 (けんせん)」をはじめ、やさしい印象を与える手書き系書体「小琴 京かな(こきん きょうかな)」「小琴 遊かな(こきん ゆうかな)」、活版印刷のインクのにじみを再現した「秀英にじみ角ゴシック金」「秀英にじみ角ゴシック銀」など10 フォント。(6/25 12:07)

5月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比1.3%減 日本製紙連合会によると、5月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.3%減、5ヵ月連続の減少となった。塗工紙1.2%減、非塗工紙1.8%減、情報用紙1.0%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比3.3%減。うち、紙は2.8%減、24ヵ月連続の減少。板紙は3.9%減、前月の増加から減少。主要品種は衛生用紙を除き減少した。(6/20 15:07)

造本装幀コンクール、入賞作品を発表 第53回造本装幀コンクール(主催・日本書籍出版協会、日本印刷産業連合会)の入賞作品が発表された。文部科学大臣賞は『僕らのネクロマンシー』(出版社=NUMABOOKS、印刷・製本=NISSHA)、経済産業大臣賞は『ちのかたち 建築的思考のプロトタイプとその応用』(出版社=TOTO出版、印刷・製本=図書印刷)、東京都知事賞は『Close Your Ears』(出版社=えほんやるすばんばんするかいしゃ、印刷=中野活版印刷店、製本=美篶堂)。応募総数は147者267点。(6/18 15:30)

GP認定で新規3工場 日本印刷産業連合会は、13日に開催した第54回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規3工場、更新28工場を認定した。新規は次の3工場。瞬報社写真印刷 本社・工場(山口県下関市)、アロー印刷 本社(山口県下関市)、アロー印刷 東京支店(東京都渋谷区)。(6/14 11:44)



新着順20件を表示    全件表示


【訃報】セイブンドー矢川邦夫会長(7/19 12:36)

株式会社セイブンドー(川崎市)会長で、元神奈川県印刷工業組合理事長の矢川邦夫氏は、7月4日に病気のため死去した。葬儀は7月12日に近親者のみで執り行われた。「お別れの会」が8月21日11時〜14時に横浜市のヨコハマインターコンチネンタルホテルで開かれる。




全印工連CSR認定、新規にワンスター2社、ツースター1社(7/19 12:18)

全日本印刷工業組合連合会の「全印工連CSR認定」において、新規にワンスター2社、ツースター1社が認定された。ワンスター認定はマージネット(和歌山)と冨士印刷(東京)、ツースター認定はユーメディア(宮城)。




宝印刷、12月に会社分割による持株会社体制へ (7/10 12:46)

宝印刷株式会社(堆誠一郎社長、東証第一部)は7月9日、2019年12月1日で会社分割による持株会社体制へ移行し、商号を「株式会社TAKARA & COMPANY」に変更すると発表した。新設する「宝印刷株式会社」を承継会社とする新設分割を行う。持株会社への移行で、グループの一体化と戦略機能の強化や新規事業創出機能の強化などを図る。




モリサワ、タイプデザインコンペティション2019結果発表(7/1 17:25)

モリサワ(森澤彰彦社長)は、「タイプデザインコンペティション2019」の審査結果を発表した。各界を代表する多彩な審査員とともに、新たな表現力とチャレンジ精神にあふれたタイプフェイスデザインの追求を目指して開かれているもので、世界53の国や地域から、初回の2012年度以来最高となる813点(和文部門258点、欧文部門555点)の作品が寄せられた。和文部門、欧文部門とも、独創性や審美性を追究した作品に贈られる「モリサワ賞」として、金賞、銀賞、銅賞各1点ずつと佳作各3点の入賞作品が選出された。表彰式は9月3日に神田明神ホール(東京)で開く。入賞作品と審査員の講評をまとめた作品集は2019年秋の刊行予定。




ものづくり補助金、採択率は50.0%(7/1 14:38)

中小企業庁は6月28日、平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の補助事業者を採択した。2月18日から5月8日まで公募し、応募のあった1万4927者について審査、7468者を採択した(早期採択分332者を含む)。採択率は50.0%。




凸版印刷、新社長に麿秀晴氏が就任(7/1 14:33)

凸版印刷株式会社は、6月27日に開催した定時株主総会で、取締役16名を選任した。総会終了後の取締役会において役職の異動を決議し、代表取締役副社長執行役員の麿秀晴氏が代表取締役社長に就任した。前代表取締役社長の金子眞吾氏は代表取締役会長に就いた。




モリサワ、2019年度 新書体を発表(6/25 12:07)

モリサワは6月25日、2019年秋にリリースする新書体を発表した。本年度は、見出し利用で効果を発揮する和文書体に加え、令和合字やカーニング情報を追加し、欧文をリニューアルしたAP版書体や多言語の明朝体ファミリーを追加する。躍動感ある筆遣いの「剣閃 (けんせん)」をはじめ、やさしい印象を与える手書き系書体「小琴 京かな(こきん きょうかな)」「小琴 遊かな(こきん ゆうかな)」、活版印刷のインクのにじみを再現した「秀英にじみ角ゴシック金」「秀英にじみ角ゴシック銀」など10 フォント。




5月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比1.3%減(6/20 15:07)

日本製紙連合会によると、5月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.3%減、5ヵ月連続の減少となった。塗工紙1.2%減、非塗工紙1.8%減、情報用紙1.0%減。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比3.3%減。うち、紙は2.8%減、24ヵ月連続の減少。板紙は3.9%減、前月の増加から減少。主要品種は衛生用紙を除き減少した。




造本装幀コンクール、入賞作品を発表(6/18 15:30)

第53回造本装幀コンクール(主催・日本書籍出版協会、日本印刷産業連合会)の入賞作品が発表された。文部科学大臣賞は『僕らのネクロマンシー』(出版社=NUMABOOKS、印刷・製本=NISSHA)、経済産業大臣賞は『ちのかたち 建築的思考のプロトタイプとその応用』(出版社=TOTO出版、印刷・製本=図書印刷)、東京都知事賞は『Close Your Ears』(出版社=えほんやるすばんばんするかいしゃ、印刷=中野活版印刷店、製本=美篶堂)。応募総数は147者267点。




GP認定で新規3工場(6/14 11:44)

日本印刷産業連合会は、13日に開催した第54回グリーンプリンティング(GP)認定委員会において、新規3工場、更新28工場を認定した。新規は次の3工場。瞬報社写真印刷 本社・工場(山口県下関市)、アロー印刷 本社(山口県下関市)、アロー印刷 東京支店(東京都渋谷区)。




JPM協会、『プロモーショナル・マーケティング ベーシック』発刊(6/12 13:45)

日本プロモーショナル・マーケティング協会は10日、創立50周年事業の一環として、『プロモーショナル・マーケティング ベーシック』(公式テキスト)を編集し、宣伝会議から発行した。「時代と環境変化に即したプロモーショナル・マーケティングの理論と体系を構築する」ことを目的に、2006年に初版発行した『プロモーショナル・マーケティング』を全面的に改訂・編集した。生活者を購買行動に導くためのプロモーションメソッドを集約した内容となっている。A5判168頁。定価2700円+税。




花王「インクジェット用水性インクによる軟包装フィルムへの印刷の実現」が第18回GSC賞 経産大臣賞(6/12 9:10)

花王は「インクジェット用水性インクによる軟包装フィルムへの印刷の実現」で、公益社団法人新化学技術推進協会の第18回「グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)賞 経済産業大臣賞」を受賞した。GSC賞は、GSC(Green & Sustainable Chemistry、人と環境にやさしく、持続可能な社会の発展を支える化学)の推進に貢献する優れた業績が表彰されるもの。花王は2016年3月に軟包装用フィルムに印刷可能なVOCレス設計のインクジェット用水性インク「LUNAJET(ルナジェット)」を開発し、産業印刷用途のインク市場に対して環境負荷低減という新たな価値を提案。同インクは2018年に大手食品メーカー・ブルボンの菓子パッケージに採用され、反響があった。




モリサワ、6月25日と26日に東京本社で「MORISAWA FAIR 2019」(6/10 11:45)

モリサワは6月25日と26日の2日間、東京本社(東京都新宿区)で「MORISAWA FAIR 2019」を開く。フェアでは、多彩なデジタル印刷機の出力サンプルの展示と、「働き方改革」「2020」など、注目のキーワードを中心とした特別企画セミナー(5セミナー)を行う。参加費無料。セミナーの申込みは https://morisawa.eventcreate.net/event/3242へ。




モリサワ、6月27日に文字文化フォーラム、東京2020エンブレムの野老氏が講演 (6/3 15:43)

モリサワは6月27日、大阪市の本社4F大会議室で「第27回モリサワ文字文化フォーラム」を開く。今回は「東京2020エンブレム」制作者として著名な美術家・野老朝雄氏を招き、東京2020公認プログラムとして行う。テーマは「[個と群と律] 組市松紋の仕組み」。時間は15時〜17時。定員150名。参加費無料。申込みは専用Webサイトから(https://www.morisawa.co.jp/culture/forums/)。




モリサワ、第10回教育ITソリューションEXPOに出展へ(5/28 15:24)

モリサワは、6月19日から21日まで、東京ビッグサイト青海展示棟で開かれる「第10回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」に出展する(ブース番号No.B7-24)。「インクルーシブ教育への第一歩はUDフォントから」をテーマに、教育現場に最適なUDフォント「UDデジタル教科書体」や、小学校英語教育に利用できる「UDデジタル教科書体 欧文」を紹介する。ブース内で、12名の専門家を講師によるシンポジウム・セミナーも行う(会期中の3日間、全14回)。




平成30年度第2次補正「小規模事業者持続化補助金事業」(商工会地区分)の公募開始(5/23 9:43)

平成30年度第2次補正予算「小規模事業者持続化補助金事業」(商工地区会分)の公募が始まった。小規模事業者が自らの経営を見つめ直し、事業の持続的な発展に向けて経営計画を作成して販路開拓等に取り組む際の経費の一部を補助する。補助率は補助対象経費の3分の2、補助上限は原則50万円。公募期間は5月22日〜7月31日(締め切りは一次6月28日、二次7月31日)。問合せ等は独立行政法人中小企業基盤整備機構へ。




4月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比1.9%減(5/22 15:04)

日本製紙連合会によると、4月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.9%減、4ヵ月連続の減少となった。塗工紙4.8%減、非塗工紙1.2%増、情報用紙2.4%増。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比0.8%増。うち、紙は1.4%減、23ヵ月連続の減少。板紙は3.3%増、前月の減少から増加に。




【叙勲】南氏、山崎氏、谷氏、加貫氏に旭日双光章(5/21 9:20)

21日に発令された令和元年春の叙勲で、印刷関連業界から次の各氏が旭日双光章を受章した。元大阪府印刷工業組合理事長・南隆傑氏(ケーエスアイ会長)、京都府製本工業組合理事長・山崎喜市氏(山崎紙工会長)、元九州グラビア協同組合理事長・谷可成氏(平野屋物産会長)、元近畿印刷産業機材協同組合理事長・加貫順三氏(加貫ローラ製作所会長)。




【褒章】山本耕司氏(日本グラフィックサービス工業会副会長)に藍綬褒章(5/20 9:41)

20日に発令された令和元年春の褒章で、一般社団法人日本グラフィックサービス工業会副会長の山本耕司氏(やまかつ株式会社代表取締役、66歳)が藍綬褒章を受章した。大阪府グラフィックサービス協同組合元理事長で、現理事を務める。




凸版印刷、図書印刷を完全子会社に (5/13 19:45)

凸版印刷と図書印刷は、5月13日開催のそれぞれの取締役会で、凸版印刷を株式交換完全親会社とし、図書印刷を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことに関し、両社間で株式交換契約を結ぶことを決め、同契約を交わした。株式交換の効力発生日は8月1日で、図書印刷は7月30日付で上場廃止となる予定。



富士フイルムグラフィックシステムズ
印刷の事なら激安通販のプリントネット
裁断・断裁機メーカー 勝田製作所
ともにプロジェクト
いしのまき被災企業元気復興委員会
製本加工の見本帳プロキット

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

<支社>
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館
電話 06(6353)4866 
FAX 06(6353)4944


代表取締役社長 沼尾佳憲

常務取締役 祝迫多水治

取締役 難波利行

取締役 金澤克明

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.