印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
9月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比3.2%増 日本製紙連合会の需給速報によると、9月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比3.2%増、6ヵ月連続の増加となった。2019年9月との比較では15.8%減。品種別では、塗工紙3.5%増、非塗工紙3.1%増、情報用紙2.7%増。紙・板紙の出荷量計は前年同月比3.6%増、6ヵ月連続の増加(2019年9月との比較では7.6%減)。主要品種は新聞用紙を除き増加した。(10/21 9:44)

加藤製本のマカロン付箋がギフト・ショーで大賞受賞 第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021のコンテスト大賞発表と授賞式が10月15日に東京ビッグサイトで行われ、「女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト」で、加藤製本(加藤隆之社長、東京都新宿区)が展開するプロダクトプラントCRU-CIAL(クルーシャル)の「マカロン付箋コレクションボックス」が大賞に輝いた。今回大賞を受賞した商品は、マカロンの愛らしい形状を紙で表現したマカロン付箋シリーズ。箱は小物入れとしても使える。(10/19 9:36)

日本HP、新社長に岡戸伸樹氏 日本HPは14日、11月1日付で常務執行役員デジタルプレス事業本部長の岡戸伸樹(おかど のぶき)氏が代表取締役 社長執行役員に就任する内定人事を発表した。現代表取締役 社長執行役員の岡隆史氏は会長に就任する。岡戸氏は1974年生まれの47歳。愛知県出身。2003年に日本ヒューレット・パッカードに入社した。(10/14 11:41)

ハイデルベルグ・ジャパン、「スピードマスターCX104」の国内導入開始 ハイデルベルグ・ジャパンは、今年6月に世界に向けて発表した新たな枚葉オフセット印刷機「スピードマスターCX104」の日本での導入を開始した。国内1号機は錦明印刷(塚田司郎社長)の富士見事業部(埼玉県鶴ヶ島市)に10月中に設置される。続けて、大同至高(名古屋市)、山田写真製版所(富山市)への納入が決まっている。CX104は、スピードマスター「102」シリーズをベースに、最上位機種XL106の最先端技術を搭載した全判機。幅広い原反に対応でき、パッケージ印刷、商業印刷、ラベル印刷など印刷会社のあらゆるニーズに応える。(10/13 9:58)

水上印刷、来年1月に社名を「MIC株式会社」に変更 水上印刷株式会社(水上光啓代表取締役会長、河合克也代表取締役社長、本社・東京都新宿区)は、新ビジョンの策定に伴い、2022年1月1日をもって社名を「MIC株式会社」(読みはミック)に変更する。新たなビジョンは「デジタル×フィジカルで、未来をもっと素晴らしく」とした。(10/8 12:42)

NTT印刷、廣済堂、福島印刷、デジタル印刷の生産連携などで業務提携 NTT印刷(柴田基靖社長)、廣済堂(黒澤洋史社長)、福島印刷(下畠学社長)の3社は9月30日、デジタル印刷の生産連携体制の構築などを目的とする業務提携契約を締結した。廣済堂と福島印刷は、2015年6月に業務提携契約を締結し、シェアモデル・マネジメントによるコストとリスクの低減、競争力強化を図ってきた。今回、同スキームにNTT印刷が加わり、3社が連携する。その第一ステップとして、NTT印刷が入間工場内に今年8月に新設したデジタルスマートファクトリーに、廣済堂および福島印刷のデジタル印刷機を2台移設し、高解像度デジタル印刷機を最大4ライン同時稼働させることで、量産体制を構築する。(9/30 15:26)

8月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比6.0%増 日本製紙連合会の需給速報によると、8月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比6.0%増、5ヵ月連続の増加となった。2019年との比較では18.8%減。品種別では、塗工紙6.8%増、非塗工紙5.5%増、情報用紙4.6%増。紙・板紙の出荷量計は前年同月比7.1%増、5ヵ月連続の増加(2019年との比較では7.8%減)。主要品種は新聞用紙を除き増加した。(9/22 17:28)

SOPTECとうほく2021は予定通り開催 東北地区印刷協議会およびSOPTECとうほく2021実行委員会(針生英一会長)は16日、11月10日(水)・11日(木)に仙台市で開催を予定する「SOPTECとうほく2021」について、現時点で予定通り開催する方針であると発表した。新型コロナウイルスの影響は予断を許さない状況ではあるが、「東北印刷業界のビジネス交流会として業界活性化を目指す本展示会の趣旨に立ち返り、協議の結果、開催することとした」と説明している。(9/17 9:40)

アイワードがミューラー・マルティニ社製の最新設備を導入 先進的な書籍製造ラインで知られるアイワード(奥山敏康社長、本社・札幌市)は、ミューラー・マルティニ社製の最新鋭設備を導入し、製本システムのスマートファクトリー化を実現した。9月13日に石狩工場内で始動式を行った。新規導入したPURホットメルト糊綴じ機アレグロ30鞍、中綴じ製本機プリメーラ6鞍と、従来から稼働しているPURホットメルト糊綴じ機ボレロ21鞍、中綴じ製本機ブラボプラス8鞍を、データマネジメントシステム「コネックス」につなぎ、ひとつのシステムに統合した。(9/16 14:13)

日本WPA、脱炭素経営EXPOに出展 日本WPA(田畠久義会長、日本水なし印刷協会)は、9月29日〜10月1日に東京ビッグサイト 青海展示棟で開催される「第1回 脱炭素経営EXPO」に出展し、「始めよう! 印刷からできる脱炭素経営」を訴求する。日本WPAは、印刷物製作時に排出されるCO2量を実質ゼロにするカーボンオフセット活動を2009年から続けており、今回はカーボンオフセットの導入から実務までを詳しく紹介する。(9/16 12:20)



新着順20件を表示    全件表示


9月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比3.2%増(10/21 9:44)

日本製紙連合会の需給速報によると、9月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比3.2%増、6ヵ月連続の増加となった。2019年9月との比較では15.8%減。品種別では、塗工紙3.5%増、非塗工紙3.1%増、情報用紙2.7%増。紙・板紙の出荷量計は前年同月比3.6%増、6ヵ月連続の増加(2019年9月との比較では7.6%減)。主要品種は新聞用紙を除き増加した。




加藤製本のマカロン付箋がギフト・ショーで大賞受賞(10/19 9:36)

第92回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2021のコンテスト大賞発表と授賞式が10月15日に東京ビッグサイトで行われ、「女性のハートをキャッチするギフトグッズコンテスト」で、加藤製本(加藤隆之社長、東京都新宿区)が展開するプロダクトプラントCRU-CIAL(クルーシャル)の「マカロン付箋コレクションボックス」が大賞に輝いた。今回大賞を受賞した商品は、マカロンの愛らしい形状を紙で表現したマカロン付箋シリーズ。箱は小物入れとしても使える。




日本HP、新社長に岡戸伸樹氏(10/14 11:41)

日本HPは14日、11月1日付で常務執行役員デジタルプレス事業本部長の岡戸伸樹(おかど のぶき)氏が代表取締役 社長執行役員に就任する内定人事を発表した。現代表取締役 社長執行役員の岡隆史氏は会長に就任する。岡戸氏は1974年生まれの47歳。愛知県出身。2003年に日本ヒューレット・パッカードに入社した。




ハイデルベルグ・ジャパン、「スピードマスターCX104」の国内導入開始(10/13 9:58)

ハイデルベルグ・ジャパンは、今年6月に世界に向けて発表した新たな枚葉オフセット印刷機「スピードマスターCX104」の日本での導入を開始した。国内1号機は錦明印刷(塚田司郎社長)の富士見事業部(埼玉県鶴ヶ島市)に10月中に設置される。続けて、大同至高(名古屋市)、山田写真製版所(富山市)への納入が決まっている。CX104は、スピードマスター「102」シリーズをベースに、最上位機種XL106の最先端技術を搭載した全判機。幅広い原反に対応でき、パッケージ印刷、商業印刷、ラベル印刷など印刷会社のあらゆるニーズに応える。




水上印刷、来年1月に社名を「MIC株式会社」に変更(10/8 12:42)

水上印刷株式会社(水上光啓代表取締役会長、河合克也代表取締役社長、本社・東京都新宿区)は、新ビジョンの策定に伴い、2022年1月1日をもって社名を「MIC株式会社」(読みはミック)に変更する。新たなビジョンは「デジタル×フィジカルで、未来をもっと素晴らしく」とした。




NTT印刷、廣済堂、福島印刷、デジタル印刷の生産連携などで業務提携(9/30 15:26)

NTT印刷(柴田基靖社長)、廣済堂(黒澤洋史社長)、福島印刷(下畠学社長)の3社は9月30日、デジタル印刷の生産連携体制の構築などを目的とする業務提携契約を締結した。廣済堂と福島印刷は、2015年6月に業務提携契約を締結し、シェアモデル・マネジメントによるコストとリスクの低減、競争力強化を図ってきた。今回、同スキームにNTT印刷が加わり、3社が連携する。その第一ステップとして、NTT印刷が入間工場内に今年8月に新設したデジタルスマートファクトリーに、廣済堂および福島印刷のデジタル印刷機を2台移設し、高解像度デジタル印刷機を最大4ライン同時稼働させることで、量産体制を構築する。




8月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比6.0%増(9/22 17:28)

日本製紙連合会の需給速報によると、8月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比6.0%増、5ヵ月連続の増加となった。2019年との比較では18.8%減。品種別では、塗工紙6.8%増、非塗工紙5.5%増、情報用紙4.6%増。紙・板紙の出荷量計は前年同月比7.1%増、5ヵ月連続の増加(2019年との比較では7.8%減)。主要品種は新聞用紙を除き増加した。




SOPTECとうほく2021は予定通り開催(9/17 9:40)

東北地区印刷協議会およびSOPTECとうほく2021実行委員会(針生英一会長)は16日、11月10日(水)・11日(木)に仙台市で開催を予定する「SOPTECとうほく2021」について、現時点で予定通り開催する方針であると発表した。新型コロナウイルスの影響は予断を許さない状況ではあるが、「東北印刷業界のビジネス交流会として業界活性化を目指す本展示会の趣旨に立ち返り、協議の結果、開催することとした」と説明している。




アイワードがミューラー・マルティニ社製の最新設備を導入(9/16 14:13)

先進的な書籍製造ラインで知られるアイワード(奥山敏康社長、本社・札幌市)は、ミューラー・マルティニ社製の最新鋭設備を導入し、製本システムのスマートファクトリー化を実現した。9月13日に石狩工場内で始動式を行った。新規導入したPURホットメルト糊綴じ機アレグロ30鞍、中綴じ製本機プリメーラ6鞍と、従来から稼働しているPURホットメルト糊綴じ機ボレロ21鞍、中綴じ製本機ブラボプラス8鞍を、データマネジメントシステム「コネックス」につなぎ、ひとつのシステムに統合した。




日本WPA、脱炭素経営EXPOに出展(9/16 12:20)

日本WPA(田畠久義会長、日本水なし印刷協会)は、9月29日〜10月1日に東京ビッグサイト 青海展示棟で開催される「第1回 脱炭素経営EXPO」に出展し、「始めよう! 印刷からできる脱炭素経営」を訴求する。日本WPAは、印刷物製作時に排出されるCO2量を実質ゼロにするカーボンオフセット活動を2009年から続けており、今回はカーボンオフセットの導入から実務までを詳しく紹介する。




日印産連、アフターコロナプロジェクトの成果を冊子に(9/15 11:07)

日本印刷産業連合会は、新型コロナウイルスの影響で浮き彫りになった印刷産業の課題と今後の取組みについて調査研究した冊子『Change Together(感動と夢を与える新しい産業へ、共に進化しよう)』を15日に発行した。A4判、4色、128頁。日印産連10団体会長や若手経営者による座談会、会員企業アンケート、企業11社の事例研究などを収録し、アフターコロナにおける経営のロードマップとして活用できる。会員・賛助会員は無料、一般は3300円(税込、送料別)。申込みは日印産連ホームページから。




ミヤコシ、インクジェットプリンターMJP20EXGのオンライン発表へ(9/10 15:10)

ミヤコシでは今年8月に販売開始したシングルタワー両面インクジェットプリンターMJP20EXGのオンライン発表を9月15日(水)午前10時より実施する。発表内容は宮腰社長のあいさつ、MJP20EXGの特長説明・実機デモ、VPR(バリアブル加工機)実機デモなど。参加URLはhttps://bit.ly/3kPSZ4h、詳細はhttps://miyakoshi.co.jp/news/20210907-event/まで。




広島での「2021印刷産業夢メッセ」は開催中止(9/3 16:15)

10月22日・23日に広島市で予定されていた第16回「2021印刷産業夢メッセ」(主催・広島県印刷工業組合、中国印刷機材協議会)は中止が3日に発表された。




全印工連、全国大会の中止を決定(9/3 16:10)

全日本印刷工業組合連合会(滝澤光正会長)は、10 月8日に長野市で開催を予定していた「2020全日本印刷文化典長野大会」の中止を決めた。




ホリゾン、Horizon Smart Factory2021開催へ(9/2 16:30)

ホリゾン・ジャパン、ホリゾン・インターナショナル、ホリゾンは来たる10月18日から22日まで、ホリゾン本社びわこ工場内のHorizon Innovation Park(滋賀県高島市)においてHorizon Smart Factory2021を開催する。テーマは「つながるFactory Automation〜ポストプレス視点で考えるDX」。イベントでは展示会の他、工場見学、セミナーなどが行われ、つながるファクトリーオートメーションを体感できるものとなっている(完全予約制。詳細はイベントサイト参照https://www.horizon.co.jp/ja/exhibition/hsf_2021/index.html)。




パラ陸上競技、モリサワ所属の佐藤友祈選手が2個目の金メダル(8/30 9:30)

東京パラリンピックに出場している陸上トラック競技車いす(T52クラス)の佐藤友祈選手(モリサワ)が、27日の男子400メートルに続き、29日に行われた男子1500メートルでも金メダルを獲得し、2冠に輝いた。佐藤選手は今年2月1日にモリサワと所属契約を結び、プロ転向を表明した。




製本組合の全国大会はオンライン開催に変更(8/26 11:08)

全日本製本工業組合連合会(田中真文会長)が10月2日に仙台市で開催を予定していた「第59回全製工連全国大会 宮城大会」は、全国での新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない状況から、現地での開催を断念し、オンライン開催に変更となった。10月2日に東京都製本工業組合の事務所を拠点として表彰式や情報交換、事例発表などを予定する。宮城大会は昨年10月の開催を1年延期し、宮城県製本工業組合を中心に準備してきた。次回は2023年秋に大阪府製本工業組合の主管で開催する。




UCDA、9月22日に「わかりやすい食品表示」特別オンラインセミナー(8/24 11:19)

一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA)は9月22日、「わかりやすい食品表示」をテーマにした特別オンラインセミナーを開く。食品パッケージの表示は、制度が変わるごとに記載するべき内容が増える一方、表示面積には限りがあり、重要な情報が伝わりにくくなっている。セミナーでは、消費者庁担当者の基調講演ほか、UCDAの活動報告や専門家の特別講演を行い、生活者にとっての「わかりやすい食品表示」を考える。時間は14時〜16時。参加費は1名3000円(税込)。定員100名。詳細・申込みはUCDAのWebサイトから。




7月の印刷・情報用紙国内出荷量、前年同月比9.8%増(8/23 17:03)

日本製紙連合会の需給速報によると、7月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比9.8%増、4ヵ月連続の増加となった。2019年との比較では19.8%減。品種別では、塗工紙15.2%増、非塗工紙7.3%増、情報用紙0.6%増。紙・板紙の出荷量計は前年同月比6.0%増、4ヵ月連続の増加(2019年との比較では9.6%減)。主要品種は新聞用紙を除き増加した。




日印機工、Japan Color認証セミナー2021オンラインを開催(16:40)

日本印刷産業機械工業会(森澤彰彦会長)は9月21日より、Japan Color認証セミナー2021オンラインを 「基礎から学ぶカラーマネジメント〜測色の基本・測色器の使い方を徹底解説〜」をテーマに、昨年度に引き続きオンライン配信で開催する。開催期間は9月21日(火)〜10月4日(月)、参加費は無料、申し込みはhttp://japancolor.jp/info/002012.html.まで



印刷用語集
seihonlogo
富士フイルムグラフィックシステムズ
水なし、環境、印刷

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.