印刷関連企業を強力に支援する印刷出版研究所の三大専門紙・専門誌、『印刷新報』(週刊新聞)と『印刷情報』(月刊雑誌)、『日本製本紙工新聞』(月2回刊)。電子メディアの動向も鋭く解説
印刷出版研究所
NEWS FLASH 一覧表示 サイト更新情報をtwitterでフォロー!
造本装幀コンクール、入賞作品を発表 第51回造本装幀コンクール(主催・日本書籍出版協会、日本印刷産業連合会 )の入賞作品が発表された。文部科学大臣賞は『角砂糖の日 新装版』(出版社=LIBRAIRIE6、印刷=東京印書館、製本=積信堂)、経済産業大臣賞は『根源乃手/根源乃(亡露ノ)手、……』(出版社=響文社、印刷・製本=亜細亜印刷)が受賞した。東京都知事賞は該当作品なし。応募総数は136者330点。(7/21 9:52)

日印産連、「地域おこしめっせ2017」を大阪で開催 日本印刷産業連合会(山田雅義会長)は、大阪府印刷工業組合との共催で「地域おこしめっせ2017」を9月27日から30日に大阪国際交流センターで開催する。展示会とワークショップセミナーで構成され、全国の印刷会社が取り組む地域活性化やインバウンドの事例を紹介する。現在、展示会の出展社を募集しており、出展申込期限は8月10日までとなっている。また、9月15日にはプレイベントとして「地域おこしめっせ特別シンポジウム」を大阪市の太閤園ゴールデンホールで開催。東京理科大学大学院MIP教授の生越由美氏による基調講演と、印刷会社の経営者を交えたパネルディスカッションが行われる。(7/20 15:30)

日本創発グループ、宏和樹脂工業を完全子会社化へ 日本創発グループ(藤田一郎社長)は7月12日、表面加工・特殊印刷等を手がける宏和樹脂工業(鶴田和也社長、東京都板橋区)の総議決権の70.43%を取得し、子会社化した。また同日開催の取締役会で、日本創発グループを株式交換完全親会社、宏和樹脂工業を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決議し、同日付で両社間で株式交換契約を締結。8月4日に株式交換を行う予定。(7/13 16:35)

日印産連、「印刷と私」コンテストを実施 日本印刷産業連合会グリーンプリンティング認定事務局は、第1回「印刷と私」エッセイ・作文コンテストの募集を開始した。印刷にまつわる思い出などを募集し、広く社会に「印刷」の良さを知ってもらう企画。審査委員長にはグリーンプリンティングPR大使に就任している小山薫堂氏を迎える。一般の部(中学生以上)と小学生の部があり、9月10日締切、11月20日に表彰式を行う。(7/12 15:54)

富士ゼロックス、共進ペイパー&パッケージの海外進出を支援 富士ゼロックスは、同社の海外販売網を活用し、紙器パッケージ印刷・製作を手がける共進ペイパー&パッケージ(鍛治川清司社長、兵庫県神戸市)の海外進出を支援する。第一弾として、韓国の印刷会社DPLUS社(Eunhyun Kwon社長、ソウル)に対し、共進ペイパー&パッケージが紙器パッケージ製造・販売に関するコンサルティング、および韓国版の印刷パッケージ通販サイト「ハコプレ」システムを提供する。DPLUS社は8月28日から「ハコプレ」サービスを開始する。今後、共進ペイパー&パッケージは、同社の支援を通じて2年間で5ヵ国の進出を目指す。(7/12 11:38)

SOPTECとうほく2017に1万1200人が来場 東北地区印刷協議会および実行委員会が主催する「SOPTECとうほく2017」が7月7日・8日に仙台市で開催され、計1万1200人が来場した。出展者数も過去最高の78者だった。来年のSOPTECは、IGAS2018が7月に東京で開かれるため、恒例の7月開催を避け、9月28日(金)・29日(土)の日程となる。(7/10 14:15)

全印工連CSR認定、初のスリースター認定企業にアインズ 全日本印刷工業組合連合会は6月28日に開催した「第17回全印工連CSR認定委員会」で、スリースター認定1社、ツースター認定13社(更新11社、新規2社)、ワンスター認定29社(更新25社、新規4社)を認定した。最上位のスリースター認定第1号はアインズ(大森七幸社長、滋賀県蒲生郡竜王町)。その他、今回の新規は次のとおり。〔ツースター認定〕太陽堂印刷所(千葉市)、野毛印刷社(横浜市)〔ワンスター認定〕光邦(東京都千代田区)、アド印刷(福岡市)、築上印刷(福岡県豊前市)、伸和(福岡市)。(7/10 10:25)

廣済堂と福島印刷、業務提携モデルを拡大 DMおよびブックオンデマンドサービスの推進で業務提携している廣済堂(浅野健社長)と福島印刷(下畠学社長)は、2016年2月から福島印刷が廣済堂のさいたま工場内に最新鋭のロール式インクジェット印刷機(Truepress Jet520 HD)を設置し、福島印刷の金沢工場を補完するサテライト工場として稼動してきた。今年9月、さいたま工場に同一のインクジェット印刷機を増設するとともに、デジタル印刷対応の製本加工ラインを導入し、サービスを拡大する。 (7/5 12:47)

FFGS、新社長に辻重紀氏が就任 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、6月29日に開催した定時株主総会、取締役会において辻重紀(つじ・しげのり)取締役・専務執行役員を代表取締役社長に選任、同日付で就任した。真茅久則前社長は富士ゼロックス取締役常務執行役員に就任した。辻新社長は昭和33年生まれの58歳。昭和56年プロセス資材に入社後、平成15年FFGSに入社。執行役員東京支社長、常務執行役員、取締役・専務執行役員を歴任し現在に至る。新社長は7月3日の記者発表会で「市場変化を的確に予想しながら、業界のトータルプランナーとして力強く革新に挑み続けていく」と抱負を語っている。 (7/4 10:50)

5月の印刷・情報用紙の国内出荷量、前年同月比1.1%増 日本製紙連合会によると、5月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.1%増、5ヵ月ぶりの増加となった。塗工紙1.6%増、非塗工紙0.6%増といずれも増加。情報用紙は横ばいだった。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比2.7%増。うち、紙は1.6%増、6ヵ月ぶりの増加。板紙は4.2%増、7ヵ月連続の増加。(6/26 9:40)



新着順20件を表示    全件表示


造本装幀コンクール、入賞作品を発表(7/21 9:52)

第51回造本装幀コンクール(主催・日本書籍出版協会、日本印刷産業連合会 )の入賞作品が発表された。文部科学大臣賞は『角砂糖の日 新装版』(出版社=LIBRAIRIE6、印刷=東京印書館、製本=積信堂)、経済産業大臣賞は『根源乃手/根源乃(亡露ノ)手、……』(出版社=響文社、印刷・製本=亜細亜印刷)が受賞した。東京都知事賞は該当作品なし。応募総数は136者330点。




日印産連、「地域おこしめっせ2017」を大阪で開催(7/20 15:30)

日本印刷産業連合会(山田雅義会長)は、大阪府印刷工業組合との共催で「地域おこしめっせ2017」を9月27日から30日に大阪国際交流センターで開催する。展示会とワークショップセミナーで構成され、全国の印刷会社が取り組む地域活性化やインバウンドの事例を紹介する。現在、展示会の出展社を募集しており、出展申込期限は8月10日までとなっている。また、9月15日にはプレイベントとして「地域おこしめっせ特別シンポジウム」を大阪市の太閤園ゴールデンホールで開催。東京理科大学大学院MIP教授の生越由美氏による基調講演と、印刷会社の経営者を交えたパネルディスカッションが行われる。




日本創発グループ、宏和樹脂工業を完全子会社化へ(7/13 16:35)

日本創発グループ(藤田一郎社長)は7月12日、表面加工・特殊印刷等を手がける宏和樹脂工業(鶴田和也社長、東京都板橋区)の総議決権の70.43%を取得し、子会社化した。また同日開催の取締役会で、日本創発グループを株式交換完全親会社、宏和樹脂工業を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決議し、同日付で両社間で株式交換契約を締結。8月4日に株式交換を行う予定。




日印産連、「印刷と私」コンテストを実施(7/12 15:54)

日本印刷産業連合会グリーンプリンティング認定事務局は、第1回「印刷と私」エッセイ・作文コンテストの募集を開始した。印刷にまつわる思い出などを募集し、広く社会に「印刷」の良さを知ってもらう企画。審査委員長にはグリーンプリンティングPR大使に就任している小山薫堂氏を迎える。一般の部(中学生以上)と小学生の部があり、9月10日締切、11月20日に表彰式を行う。




富士ゼロックス、共進ペイパー&パッケージの海外進出を支援(7/12 11:38)

富士ゼロックスは、同社の海外販売網を活用し、紙器パッケージ印刷・製作を手がける共進ペイパー&パッケージ(鍛治川清司社長、兵庫県神戸市)の海外進出を支援する。第一弾として、韓国の印刷会社DPLUS社(Eunhyun Kwon社長、ソウル)に対し、共進ペイパー&パッケージが紙器パッケージ製造・販売に関するコンサルティング、および韓国版の印刷パッケージ通販サイト「ハコプレ」システムを提供する。DPLUS社は8月28日から「ハコプレ」サービスを開始する。今後、共進ペイパー&パッケージは、同社の支援を通じて2年間で5ヵ国の進出を目指す。




SOPTECとうほく2017に1万1200人が来場(7/10 14:15)

東北地区印刷協議会および実行委員会が主催する「SOPTECとうほく2017」が7月7日・8日に仙台市で開催され、計1万1200人が来場した。出展者数も過去最高の78者だった。来年のSOPTECは、IGAS2018が7月に東京で開かれるため、恒例の7月開催を避け、9月28日(金)・29日(土)の日程となる。




全印工連CSR認定、初のスリースター認定企業にアインズ(7/10 10:25)

全日本印刷工業組合連合会は6月28日に開催した「第17回全印工連CSR認定委員会」で、スリースター認定1社、ツースター認定13社(更新11社、新規2社)、ワンスター認定29社(更新25社、新規4社)を認定した。最上位のスリースター認定第1号はアインズ(大森七幸社長、滋賀県蒲生郡竜王町)。その他、今回の新規は次のとおり。〔ツースター認定〕太陽堂印刷所(千葉市)、野毛印刷社(横浜市)〔ワンスター認定〕光邦(東京都千代田区)、アド印刷(福岡市)、築上印刷(福岡県豊前市)、伸和(福岡市)。




廣済堂と福島印刷、業務提携モデルを拡大(7/5 12:47)

DMおよびブックオンデマンドサービスの推進で業務提携している廣済堂(浅野健社長)と福島印刷(下畠学社長)は、2016年2月から福島印刷が廣済堂のさいたま工場内に最新鋭のロール式インクジェット印刷機(Truepress Jet520 HD)を設置し、福島印刷の金沢工場を補完するサテライト工場として稼動してきた。今年9月、さいたま工場に同一のインクジェット印刷機を増設するとともに、デジタル印刷対応の製本加工ラインを導入し、サービスを拡大する。




FFGS、新社長に辻重紀氏が就任(7/4 10:50)

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズは、6月29日に開催した定時株主総会、取締役会において辻重紀(つじ・しげのり)取締役・専務執行役員を代表取締役社長に選任、同日付で就任した。真茅久則前社長は富士ゼロックス取締役常務執行役員に就任した。辻新社長は昭和33年生まれの58歳。昭和56年プロセス資材に入社後、平成15年FFGSに入社。執行役員東京支社長、常務執行役員、取締役・専務執行役員を歴任し現在に至る。新社長は7月3日の記者発表会で「市場変化を的確に予想しながら、業界のトータルプランナーとして力強く革新に挑み続けていく」と抱負を語っている。




5月の印刷・情報用紙の国内出荷量、前年同月比1.1%増(6/26 9:40)

日本製紙連合会によると、5月の印刷・情報用紙の国内出荷量は前年同月比1.1%増、5ヵ月ぶりの増加となった。塗工紙1.6%増、非塗工紙0.6%増といずれも増加。情報用紙は横ばいだった。紙・板紙全体の出荷量は前年同月比2.7%増。うち、紙は1.6%増、6ヵ月ぶりの増加。板紙は4.2%増、7ヵ月連続の増加。




日印産連、GP工場認定で新規3工場(6/23 12:35)

日本印刷産業連合会は、19日に開催した第44回GP(グリーンプリンティング)認定委員会において、新規3工場、更新15工場を認定した。新規は次のとおり。錦明印刷・富士見事業部(埼玉県鶴ヶ島市)、アインズ・本社工場(滋賀県蒲生郡)、カスタムグラビア・本社工場(福岡市東区)。




日本政策金融公庫、女性活躍推進関連融資が大幅増(6/23 9:42)

日本政策金融公庫は22日、平成28年度における「地域活性化・雇用促進資金〈女性活躍推進関連〉」の融資実績が、357社(前年度比275%)、229億円(同266%)となったことを発表した。同制度は、一般事業主行動計画の策定・届出を行っている企業、および子育てサポート企業として「くるみん」の認定を受けた企業、ならびに地方公共団体が推進する施策に基づき女性従業員の活用促進に取り組む企業を支援するもの。




大東印刷工芸、「大東マーケティングソリューションズ」へ社名を変更(12:20)

大東印刷工芸(花崎博己社長、東京都中央区)は7月1日より、社名を「大東マーケティングソリューションズ」に変更する。同社のマーケティングソリューションでの実績をふまえ、さらに注力するべく社名変更した。




フュージョン、人工知能によるマーケティングデータ分析で北大と共同研究(6/20 18:04)

フュージョン(佐々木卓也社長、札幌市)は16日、「人工知能(AI)によるマーケティングデータの分析アルゴリズム開発」について北海道大学大学院情報科学研究科調和系工学研究室(川村研究室)と共同研究を行うことを決定した。長年にわたり蓄積したビッグデータとAIを結びつけ、ダイレクトマーケティング領域におけるAI技術の可能性を拡げる。




【訃報】東京リスマチック創業者、鈴木隆夫氏(6/20 16:18)

東京リスマチック株式会社の創業者、前代表取締役の鈴木隆夫氏は6月19日に死去した。亨年82歳。通夜は6月23日(金)午後6時〜7時、告別式は6月24日(土)午前10時〜11時、いずれもセレモ八柱駅ホール(千葉県松戸市)で執り行われる。喪主は鈴木隆一氏(東京リスマチック株式会社代表取締役)。




全グラ、田口会長を再任(6/15 12:30)

全国グラビア協同組合連合会は6月9日に通常総会を開催。任期満了に伴う役員改選では田口薫理事長(会長)を再任した。田口会長は「良い製品には、それなりの価格がともなう。法律を守り、環境、安心安全という社会的要請に応えるには、コストがかかる。我々は努力し、いいものを作っていることをお客様に説明し、適正価格を頂き、包装資材の供給を継続できるよ うにしていかねばならない」と述べた。




リョービMHIグラフィックテクノロジー、新社長に広川勝士氏が就任(6/15 12:25)

リョービMHIグラフィックテクノロジーは6月14日、定時株主総会で広川勝士氏(前取締役開発本部長)の社長就任を承認した。広川氏は広島県出身、大阪大学基礎工学部を卒業後、1985年にリョービ入社、2014年10月から取締役開発本部長の職にあった。




誠伸商事、検版ソフト「FLAP WORKS2」を発売(6/13 14:13)

誠伸商事(福田和也社長)は、デジタル検版ソフトウェア「FLAP WORKS2」の販売を6月12日から開始した。2010年に発売した「FLAP WORKS」からバージョンアップし、Mac版に加えてWindowsにも対応。さらに64bitアプリケーション化で処理速度が向上した。また、ページサイズが異なるデータ同士でも検版が可能で、検版ヘッダに「差分箇所数を表示する」機能が追加された。用途に合わせ、手動検版用のクライアントエディション、自動検版にも対応したサーバーエディションの2バージョンを用意している。




ムサシ、富士フイルムビジネスサプライから感熱紙の製造・販売事業などを継承(6/9 15:05)

ムサシ(羽鳥雅孝社長、東京都中央区)は、富士フイルムの子会社である富士フイルムビジネスサプライから洋紙事業やプリンターシステム事業などを承継するニュービジネスサプライの全株式を9月1日に取得し、子会社化することを発表した。買収額は約21億円で同社のM&Aとしては過去最高額となる。




FFGSテクノサービス、社名を「富士フイルムGSテクノ」へ(6/9 14:01)

FFGSテクノサービス(渥美守弘社長、東京都江東区)は7月1日より、富士フイルムGSテクノに社名を変更する。社名変更を機にグラフィックシステム分野における技術サービス、サポートにさらに注力していく。



富士フイルムグラフィックシステムズ
印刷の事なら激安通販のプリントネット
裁断・断裁機メーカー 勝田製作所
ともにプロジェクト
いしのまき被災企業元気復興委員会
製本加工の見本帳プロキット

関連団体リンク↓


株式会社印刷出版研究所
<本社>
周辺地図
〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町534番地
川尻ビル2階
電話03-5155-7925
FAX03-5155-7930

<支社>
〒530-0044 大阪市北区東天満2-9-4
千代田ビル東館
電話 06(6353)4866 
FAX 06(6353)4944


代表取締役社長 沼尾佳憲

常務取締役 祝迫多水治

取締役 難波利行

取締役 金澤克明

 印刷出版研究所は、定期情報紙誌『印刷新報』『印刷情報』『日本製本紙工新聞』をはじめ、印刷・製本・デザイン関連の各種単行本などの出版を通じ、印刷関連業界の皆様へいち早く市場動向、経営・技術動向を発信しています。また、プリプレス&デジタルプリンティング機材協議会および日本フレキソ技術協会の事務局を務め、業界の地位向上、活性化に努めています。
 弊社が報道を通じて扱う印刷関連の分野は多岐にわたっています。ご相談、お問合せは弊社編集部、営業部までお願いします。


Copyright © 2011 Printing & Publishing Institute Co,Ltd All Rights Reserved.